Intro to Vision Sensors Banner

ビジョンセンサの基本知識

センサの機能

Cognex Insight checking yellow discs on conveyor

センサは人による検査より速く、客観的で、継続的に作動する

ファクトリーオートメーションでは、センサをワークセルに使用して、検査データを収集したり、他のデバイスを作動させたりします。これらのセンサは、光電、光ファイバ、近接、超音波、画像処理など、複数のカテゴリに分類されます。

ビジョンセンサの機能

ポイントソースセンサー機能するためには完全に整列している必要があるのに対し、ビジョンセンサは、ばらつきがあっても処理できるように設計されています。これにより、オペレータは、費用と時間のかかる数々の変更を施す必要なく、予め設定されているセルで使用することができます。ビジョンセンサ:
  • 優れた柔軟性がある
  • 1つの画像で複数の種類の検査を実行する
  • 品質およびプロセス改善のための豊富な追加データを生成する
  • 位置ずれに対応する

その他のセンサの種類

低価格光電センサは、位置検証や基本集計などシンプルなタスクのみを実行できますが、パターンや色を判別できません。また、固く固定されているため、ほとんどのワークセルで共通する位置ずれやばらつきにも対応できません。場合によっては、多種類のセンサが補完的技術として機能します。光電センサをビジョンセンサと連結して使用し、部品が工程上にある場合に通信して、マシンビジョンシステムを作動させることができます。

センサの種類
関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ