Intro to Vision Sensors Banner

ビジョンセンサの基本知識

ビジョンセンサでアプリケーションの課題を解決

Automotive Gasket Inspection

ビジョンセンサで製品のエラーをなくし、厳しい品質基準に順守

重工、食品飲料、自動車、電子機器、物流、輸送など、幅広い業界の企業で、単純な合否検査を実施し、製品およびパッケージに不具合のないことを確認し、厳しい品質基準を維持するためにビジョンセンサが活用されています。工程の重要なポイントで、ビジョンセンサを使用することにより、生産工程の早い段階で欠陥を把握し、機器の問題を迅速に特定することができます。

検査の課題を克服する方法

センサアプリケーションの最初のステップは、カメラの視野内で対象物または特徴を位置決め(または固定)することです。これを行うのは、パターンマッチングやエッジツールであり、透明な対象物、印字された文字、光電センサでは対応できない粗い寸法など難しい部品の特徴を検出します。センサに基準を設定すると、パターン、ピクセル計数、明るさ、コントラスト、エッジツールを使用して検査を実行します。測定データと検査の仕様、許容範囲、しきい値を比較して判断し、結果をバイナリデータ出力として送信します。

欠陥を減らし、生産量を高めることにより、マシンビジョンセンサは、オペレーションの合理化と収益性向上の手助けをします。幅広い画像処理ツールを使用して、ターゲットごとに複数の検査を実行できるようにすることで、ビジョンセンサはサイクルタイムを短縮し、下流の製品品質を改善することができます。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ