Intro to Vision Sensors Banner

ビジョンセンサの基本知識

ビジョンセンサの仕組み

EasyBuilder screenshot of pill packaging

ビジョンセンサ部品の位置を確認し画像処理ツールにより特徴を検査するビジョンセンサ

ビジョンセンサは、画像で部品の位置を確認してから、その部品の具体的な特徴を探して素早く検査します。視野(FOV)を設定した後、オペレータは、対象の全範囲で画像処理ツールを実行し、1つの画像から複数の特徴の存在、完全性、または向きなどの特徴を検査します。データ出力がバイナリであるにも関わらず、集約データを下流で使用してプロセスの改善や特定のワークセルで診断を実行できます。

ビジョンセンサの機能

ビジョンセンサのネットワークを工場や企業のネットワークにリンクするのも簡単です。これにより、工場内のワークステーションで、結果や画像、データなどを表示してプロセスを制御することができます。システムやアプリケーションによっては、画像処理ソフトウェアでカメラのパラメータを設定、合否判断、現場との通信、HMI の開発を支援が可能です。ビジョンセンサの特長:
  • プログラミング不要
  • 画像処理ソフトウェアの使いやすいインタフェースでセットアップを案内
  • 大規模システムへの簡単統合
  • 専用処理で単一または複数ポイント検査を提供
  • イーサネット通信を内蔵
  • 他のシステムとデータを交換して結果を通信したり、検査の次の段階を作動させたりすることが可能

ビジョンセンサの処理
ビジョンセンサはマシンビジョンシステムのパワーとシンプルで安価な工業用センサの特質を組み合わせることにより、簡単な検査を容易に解決し、結果を伝達します。
関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ