Intro to Vision Sensors Banner

ビジョンセンサの基本知識

ビジョンセンサソリューションの選択

In-Sight 2000 Modularity lens, lighting, fliters, and covers

開発環境、照明、モジュール構成は重要な要件

自動検査のテクノロジおよびアプリケーション要件は日々進化しています。開発環境、照明、およびモジュール構成は、ビジョンセンサを選択する際に最も重要となる特徴です。

セットアップ環境の標準化

画像処理の初心者でも、ビジョンセンサのセットアップ、構成、設置は簡単です。ビジョンセンサを選択する際は、現在の検査ニーズのほかに、よりパワフルで柔軟性の高い画像処理システムが必要となる将来的なアプリケーションも考慮する必要があります。高速処理と他の工場設備への確実な通信は必要不可欠です。

内蔵照明

工場環境およびスペース制限によって、適切な照明条件を実現することが難しい場合があります。これは、ビジョンセンサでは問題となる場合があり、治具への拡散照明の設置や、明るさ、コントラスト、ピクセル計数ツールを使用する検査が行われます。一般的にビジョンセンサは照明内蔵していますが、必要に応じて外部照明を利用することも可能です。内蔵照明のあるビジョンセンサを選択することにより、外部照明やその固定具の費用が削減できます。

柔軟なモジュールデザイン

最適なFOV、画像解像度、部品照明を実現するために正確な位置にビジョンセンサを取り付けることは容易ではありません。フォームファクタの小さいビジョンセンサは、あらゆる箇所にフィットし、インラインや垂直設置が可能なため、素早く取り付けて検査を実行することができます。モジュール式のデザインにより光路や配線を簡素化することができるため、ユーザーは現場における変更やアプリケーションの調整に対応するために、照明、光学機器、レンズを取り換えることができます。。オートフォーカスレンズのモデルは、手動でフォーカスや高さを調整する必要がありません。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ