マシンビジョン

三次元ビジョンシステム

通常、三次元マシンビジョンシステムは、複数のカメラ、または 1 台以上のレーザ変位センサで構成されます。

複数のカメラで構成された三次元ビジョンは、ロボットガイダンスアプリケーションで、パーツの位置情報をロボットに提供します。このようなシステムでは、複数のカメラをそれぞれ別の位置に取り付け、三次元空間の客観的な位置で「三角測量」を実行する必要があります。

 

これに対し、三次元レーザ変位センサアプリケーションは、わずか 1 台のカメラを使って、表面検査や体積計測を行い、三次元画像を生成します。高さマップは、対象物で反射したレーザの位置変位に基づいて生成されます。ラインスキャン同様、製品全体をスキャンするには、対象物、またはカメラの移動が必要です。キャリブレーション済みのオフセットレーザを使って、変異センサは表面の高さや平面性などのパラメータを測定し、20 μm 以内の精度で計測できます。図 15 に、ブレーキパッドの表面の欠陥を検査している三次元レーザ変位センサを示します。
関連コンテンツ

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ