マシンビジョン

画像処理

画像処理とは、デジタル画像から情報を抽出するメカニズムを言い、外付けされているPCベースのシステムや内蔵されているスタンドアロンのビジョンシステムで実行されます。この処理はソフトウェアで行われ、そのソフトウェアはいくつかの段階で構成されています。まず、センサから画像を取り込みます。場合によっては、必要なすべての特徴が目立つように画像を最適化するための前処理が必要となることがあります。次に、ソフトウェアが具体的な特徴を探し、測定を実行して、仕様と照らし合わせます。最後に、判定を下して、結果を送信します。

マシンビジョンシステムの様々な物理的なコンポーネント(照明など)が比較対象の仕様を示し、ビジョンシステムのアルゴリズムがそれらを分離させ、主要コンポーネントのリストを最優先させて比較します。システムやアプリケーションによって異なりますが、ビジョンソフトウェアでカメラのパラメータを設定し、合否判断を行ってから工場にデータを送り、HMI の開発を支援します。

関連コンテンツ

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ