マシンビジョン

マシンビジョン用レンズ

レンズは画像を取り込み、カメラの画像センサに送信します。レンズは、光学的品質や価格はさまざまで、取り込んだ画像の品質や解像度は、使用したレンズによって決まります。大半のビジョンシステムカメラは、交換可能なレンズと固定レンズの 2 種類を用意しています。交換可能なレンズは、通常、Cマウントまたは CSマウントです。可能な限り最高の画像を取り込むには、レンズと拡張機能を正しく組み合わせることが重要です。スタンドアロンのビジョンシステムの一部として使われる固定レンズは、通常、オートフォーカスを使用します。固定レンズには、パーツに自動的に焦点を合わせることができるリキッドレンズと機械的に調整されるレンズの 2 種類があります。オートフォーカスレンズは、通常、指定された距離で視野が 固定されています。

関連コンテンツ

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ