マシンビジョン

マシンビジョン用画像センサ

画像取り込みに重要なコンポーネント

カメラが、正しく照明が当てられた検査対象物の画像をどのくらいうまく取り込められるかは、レンズだけではなく、カメラに搭載された画像センサによっても変わります。画像センサは通常、電荷結合素子 (CCD)、または相補型 MOS (CMOS) テクノロジを使用して、光 (光子) を電気信号 (電子) に変換します。基本的に、画像センサの役目は、ノイズや感度、ダイナミックレンジのバランスを取りながら、光を取り込み、デジタル画像に変換することです。画像はピクセルの集まりです。光が少ないと、ピクセルは暗くなりますが、多ければ明るくなります。重要なのは、カメラのセンサがアプリケーションに適した解像度であることです。解像度が高ければ高いほど、画像は細部まで鮮明になり、より正確に計測できるようになります。必要な解像度は、パーツのサイズ、検査の許容値などのパラメータから判断します。

関連コンテンツ

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ