マシンビジョン

通信

マシンビジョンのコンポーネントを接続する

ビジョンシステムでは、さまざまなオフザシェルフコンポーネントが使用されるため、それらのアイテムを整理して、別のマシンへすばやく簡単に接続できるようにする必要があります。これは通常、ディスクリート入出力信号か、あるいは情報を記録または使用しているデバイスにシリアル接続経由で送信されるデータのいずれかによって行われます。ディスクリート入出力点は、プログラマブルロジックコントローラ (PLC) に接続できます。PLC はその情報を使用して、作業セルや、スタックライトなどのインジケータをコントロールします。また、リジェクトメカニズムのトリガに使用されるソレノイドに直接接続することもできます。シリアル接続によるデータ通信は、標準的な RS-232 シリアル出力、または Ethernet の形式で行われます。

中には、Ethernet/IP のような高レベルの産業用プロトコルを採用しているシステムもあり、モニタなどのオペレータインタフェースに接続して、プロセスの監視や制御に便利な、そのアプリケーション固有のオペレータインタフェースを提供しています。

関連コンテンツ

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ