マシンビジョン

マシンビジョンのコンポーネント

ビジョンシステムの成功はコンポーネントの使い方に依るところが大きい

マシンビジョンシステムの主なコンポーネントには、照明、レンズ、画像センサ、画像処理、通信などがあります。照明は検査対象のパーツを照らして、特徴を際立たせ、カメ ラからはっきりと見えるようにします。レンズは画像を取り込み、光の形でセンサに提供します。マシンビジョンカメラ内のセンサは、この光をデジタル画像に変換します。その後、 この画像はプロセッサに送られ、分析されます。

画像処理は、画像の分析と要求された情報の抽出、必要な検査の実行、および意思決定を行うアルゴリズムで構成されます。最後に、通信は通常、ディスクリート入出力信号か、あるいは情報を記録または使用しているデバイスにシリアル接続経由で送信されるデータのいずれかによって行われます。

照明モジュール、センサ、プロセッサなど、マシンビジョンのハードウェアコンポーネントの大半は、商用オフザシェルフ (COTS) 機器を使用できます。マシンビジョンシステムは COTS を使って構成するか、または1つのデバイスにすべてのコンポーネントが入った統合システムを購入することができます。

マシンビジョンのコンポーネントには以下があります。

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ