マシンビジョン

識別

コードやアルファベット文字を読み取るビジョン(画像処理)技術

パーツの識別および認識に使用されるマシンビジョンシステムは、パーツ、ラベル、パッケージに印刷されたバーコード (一次元)、データマトリックスコード (二次元)、ダイレクトパーツマーク (DPM)、および文字を読み取ります。光学式文字認識 (OCR) システムは、予備知識なしに英数字を読み取り、光学文字検証 (OCV) システムは文字列を照合します。さらに、マシンビジョンシステムは、そのパーツにしかないパターンを見つけて、パーツを特定したり、色や形、サイズを基準に種類を識別したりすることもできます。

DPMアプリケーションは、コードや文字列をパーツに直接、刻印します。この方法は、通常、エラー防止、効率的なエラー抑制戦略の実現、工程管理や品質管理用指標のモニタ、ボトルネックなど、工場で問題となる領域の定量化のために、あらゆる業界の製造現場で使用されています。ダイレクトパーツマーキングによるトレーサビリティにより、資産の追跡やパーツ検証の信頼性が向上します。また、完成品を構成するサブアセンブリに含まれるパーツの系統図を文書化することで、ユニットレベルのデータを提供し、テクニカルサポートや保証修理サービスの質をさらに向上させることができます。

従来のバーコードは、小売店のレジや在庫管理で広く受け入れられています。しかし、トレーサビリティ情報には、標準的なバーコードには収まらない、大量のデータが必要です。データ容量を増やすため、企業はデータマトリックスなどの二次元コードを開発しました。このコードには、事実上、どのような完成品についても、メーカー名、製品 ID、ロット番号、さらにシリアル番号などを記録できます。

関連コンテンツ

関連製品

コグネックスのマシンビジョンについて:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ