Industry 4.0

インダストリー4.0とマシンビジョン

スマートファクトリーにおけるマシンビジョン

Factory automation

マシンビジョンは、インダストリー4.0に関連した多くの高度な機能を提供するのに重大な役割を担うでしょう。

マシンビジョンは、オートメーションの重要な要素であり、インダストリー4.0のスマートファシリティの製作に欠かせません。マシンビジョンより生産ライン上で最も多くの情報を収集できなく、製品の評価および欠陥の検索においてマシンビジョン以上にメリットがあり、操作を指示しロボットやその他の装置の生産性を最適化するためのデータ収集能力に優れた要素はありません。シンプルなセンサとは異なり、ビジョンセンサは大量の画像データを生成して、Industry 4.0環境でユーティリティを強化します。

ホワイトペーパー: マシンビジョンの基礎知識 ホワイトペーパー: 工業用バーコード読み取り入門

コグネックスによる市場分析結果では、Industry 4.0によって自動化とプロセス改善で大きなメリットが得られることがわかりました。

Manufacturing

自己学習装置
自動化されたライン設備によって、セルフラーニング、セルフコントロール、自己最適化機能が向上し、最小限の手間で複雑なタスクを迅速かつ正確に完了することができます。この種の機能は現在いくつかの革新的なデバイスでオペレータのガイダンスに従って利用することができますが、Industry 4.0ではさらに自動化が進みます。

生産ラインの最適化
ロボット、マシンビジョンシステム、未加工の材料のインプット、製造ラインのその他の要素が直接相互に通信できるようになれば、製造工程の柔軟性が向上します。。たとえば、1つのラインで製造できるコンポーネントの種類が増え、特定の製品、あるいはカスタマイズされた製品を小ロットでコストパフォーマンスのよい方法で製造できるようになります。

ビッグデータ
Industry 4.0の機能によって、未加工のデータをアクションにつながる情報とその後のプロセスに役立つ情報に変換し、現実的で測定可能なパフォーマンス改善につなげることができます。具体的には、製造プロセスで取得した「ビッグデータ」を分析し、クラウドコンピューティングとディープラーニングメソッドによってトレンドを明らかにしてプロセス改善に役立てます。現状ではデータを収集しても、関連付けが行われず、保管されたままの状態になっていることが多いのです。将来的には、マシンビジョンなど、データ量の豊富な技術を中心に、これらのデータがプロアクティブに活用、共有されるようになります。

Robotics

ビッグデータ
Industry 4.0の機能によって、未加工のデータをアクションにつながる情報とその後のプロセスに役立つ情報に変換し、現実的で測定可能なパフォーマンス改善につなげることができます。具体的には、製造プロセスで取得した「ビッグデータ」を分析し、クラウドコンピューティングとディープラーニングメソッドによってトレンドを明らかにしてプロセス改善に役立てます。現状ではデータを収集しても、関連付けが行われず、保管されたままの状態になっていることが多いのです。将来的には、マシンビジョンなど、データ量の豊富な技術を中心に、これらのデータがプロアクティブに活用、共有されるようになります。

クラウドコンピューティング
クラウドやモバイルデバイスでデータと運用情報に瞬時にアクセスできることで、作業者はダウンタイムの通知、特別な仕様の指示、保守ニーズ、その他オンサイトでの作業が必要な点など、重要で 緊急性の高い情報を把握することができます。これによってスタッフは場所に関係なく、トレンドの監視、データ分析、問題解決のサポートができます。さらにメーカーはクラウドによって運用環境全体で最も成功している製造ラインのパフォーマンス情報をエクスポートし、すべてのラインを「ベストプラクティス」のレベルに引き上げることができます。

関連コンテンツ

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

  • ビジョンセンサ

    設定環境、使いやすさ、柔軟性において新たな基準を作り、エラー防止の用途に最適です。

インダストリー 4.0 に関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ