Industry 4.0

インダストリー4.0とマシンビジョン

インダストリー4.0の沿革

Industry 4.0 Timeline

その大部分をマシンビジョンが導く高度なオートメーションにおける新たなイノベーションは、第4次産業革命を引き起こすと予想されています。

インダストリー4.0 の用語自体ではわかりにくいかもしれませんが、過去3つの「産業革命」に続くもので、そのうち最も新しいのは、1970年代に発生したコンピュータの導入、プログラム制御可能な ツール、製造環境のデジタル化に関するものでした。「Industry 4.0」と呼ばれるのが一般的ですが、ドイツ発祥のコンセプトのため、ドイツ語で「Industrie 4.0」と呼ばれることもあります。米国では「工業用IoT」とも呼ばれ、「IoT:Internet of Things(モノのインターネット)」の一種と見なされています。さらには「Industry of Things」と略されることもあります。

Industry 4.0はドイツの製造業を活性化するために、ドイツ政府が「ハイテク戦略2020年アクションプラン」の一環として始まったものです。ドイツ政府は継続的に数百万ドルを投じて、あらゆる教育機関、企業、行政機関における研究を促進しています。Industry 4.0に高い関心を最初に示したのはドイツ企業とその関 係会社でしたが、この新しいコンセプトへの関心が世界中の企業の間で高まっています。

ホワイトペーパー: マシンビジョンの基礎知識 ホワイトペーパー: 工業用バーコード読み取り入門

今、インダストリー4.0は、オートメーションおよび加工環境において画期的な開発を促し、生産および物流サイクル全体において生産コストの削減、廃棄物の軽減、柔軟性および品質の向上をもたらすことが期待されています。マシンビジョンは、インダストリー4.0の進歩に欠かせない要素です。

関連コンテンツ

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    レーザースキャナの使いやすさと価格を実現した画像ベースバーコードリーダ

  • ビジョンセンサ

    設定環境、使いやすさ、柔軟性において新たな基準を作り、エラー防止の用途に最適です。

インダストリー 4.0 に関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ