工業用バーコード読み取り

画像ベースのバーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、デジタルカメラに見られるようなエリアアレイセンサを使用して、一次元および二次元バーコードの画像を取得します。それに、マイクロプロセッサで特別な画像処理ソフトウェアを実行させて、コードを探し、解読してからネットワークを介して結果データを送信します。

画像解像度

画像センサかカメラのどちらにするか、最も大きな違いのひとつは解像度です。画像解像度は、各画像が構成されているピクセルの数を示します。

画像処理式リーダの解像度をアプリケーションに適したものにするための最も一般的な基準はモジュールあたりのピクセル数 (PPM) です。PPMとは、コードの1つのセルまたはモジュールを埋めるのに必要なピクセルの数を表し、その値で、カメラの解像度がそのコードを読み取るのに十分であるか確認します。PPMは、カメラの一方向における解像度(例えば、標準解像度のリーダの場合は752ピクセル)を視野のY方向の距離(78ミリ)で割り、さらにコードサイズをモジュールの数(12ミリ/22モジュール)で割ります。最後に、この数を3倍します(5.26 PPM)。複雑なようですが、設定アプリまたは画像処理ソフトウェアを実装するこれらのリーダなら、簡単にPPMを算出します。

レンズ

画像処理式バーコードリーダの光学系は、コードの良い画像を取得するための鍵です。高品質のリーダには、S およびC マウントのレンズオプションがあります。これは、コードの画像を取り込むのに与えられた作業距離で必要な解像度によって異なります。最新のリーダは、リーダが作業距離の変化に適応することを可能にするオートフォーカスまたはリキッドレンズ技術を提供します。それは人間の目と同じように動作し、形を変え、曲げることで焦点を合わせます。この焦点調整はソフトウェアで行われるため、現場または生産ラインでオペレータが手動でレンズ調整を行う必要がなくなりました。

照明

照明も良質な画像を取り込むために重要な役割を担っています。照明方法には、コードとリーダに対する光源とその配置が関係します。工業用バーコードリーダは、環境と用途に応じて、さまざまな内蔵照明と外部照明のオプションを用意しています。さまざまな照明技術や位置の効果については、コグネックスの照明アドバイザーを参照してください。

関連コンテンツ 

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダに関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...