工業用バーコード読み取り

一次元および二次元コードの印刷とマーキング方法

コードを使ったアプリケーションでは、中央のデータベースから情報を集めます。これには通常、生産国などの製造データが含まれます。その後、このデータを対象物に適用します。対象物にコードを付ける方法にはインクジェットまたはサーマルプリンタを使用してパッケージやラベルにコードを印刷する方法と、ドットピーン、化学エッチング、レーザマーキングなどダイレクトパーツマーキング(DPM)方式で、パーツ上に直接コードを恒久的にマークする方法の2通りがあります。

熱転写およびインクジェット印刷

パッケージやラベルなどの材料の上にコードを印刷するためにはインクジェットプリンタが最もよく用いられています。インクジェットプリンタは紙やプラスチックなどの媒体上にインクを飛沫にして吹き付けることによりバーコードを作成します。熱転写はラベルの印刷によく用いられるテクノロジです。このプロセスは、プリントヘッドを加熱しラベルに直接インクを塗布します。インクジェットや感熱印刷は一次元バーコードの印刷によく使われます。

ダイレクトパーツマーキング(DPM)

医療機器、自動車部品などのコンポーネントレベルでのトレーサビリティと責任保障が重視される耐久消費財では、印刷に代わり持続性の高い手段としてDPMが活用されています。DPMソリューションでは、通常単なるパーツ索引番号以上のデータに対応する必要があるため、処理能力の低い一次元バーコードの代わりに二次元コードが使われることがよくあります。

これらの方法はそれぞれマーキングの対象となる材料に応じて長所と短所があります。金属部品の場合、レーザマーキングシステムが高いスループットと永続性のあるマークをもたらしますが導入にはかなりの費用がかかります。ドットピーンマーキングヘッドは、費用はそれほどかかりませんが摩耗しやすくマークにその影響が及ぶ可能性があります。これらの影響を防ぐため、画像処理式のコード読み取りシステムを利用してプリンタやDPMの品質をモニタし、プリントヘッドの詰まりやマーキングヘッドの摩耗を検知することもできます。

レーザ

レーザマーキングシステムは、通常ファイバーレーザーを使用して、データマトリックスコードなどの二次元コードシンボルを部品の上に刻印します

ドットピーン

一般的に最も経済的な選択肢とみなされているドットピーンマーキングシステムでは、振動するスタイラスを使用して金属に圧力をかけ、くぼみを作成します。

化学エッチング

電気を使用する化学エッチングは、ナトリウム系の溶液に低電流のパルス状電流を流します。帯電した溶液が金属を溶かし、特別な原紙を通じて抽出されます。
関連コンテンツ 

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダに関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ