工業用バーコード読み取り

レーザースキャナ

バーコードスキャナ(バーコードリーダー)は、照明とレンズ、バーコードに含まれる情報を取り込んでデコードするセンサを備えたデバイスです。一次元コードの初期、コードはレーザーでしか読むことができませんでした。レーザースキャナは、レーザービームという光源と、一般的に振動ミラーまたは回転プリズムを使用してバーコードに対して往復するレーザービームをスキャンします。次に、光ダイオードがバーコードから反射される光を測定します。光ダイオードからアナログ信号が生成され、それがデジタル信号に変換されます。

レーザースキャナのメリット

レーザースキャナは古い技術ですが、運用上のメリットも残っています。レーザースキャナには画像プロセッサは必要ありません。処理が速く、1秒間に1,300回スキャンする能力があります。レーザースキャナは、レーザーを使用しています。レーザーは、平行な光線の集まりで、光源から遠ざかっても発散しないため、比較的距離の長い場所にある一次元バーコードを特殊なレンズで読み取ることができます。

レーザースキャナの制限

レーザースキャナに制限がないという意味ではありません。重要な制限の1つは二次元コードが読めないということです。二次元コードは、一次元コードより急速に普及しています。レーザースキャナは、印字が悪い、低コントラスト、変形、損傷のある一次元バーコードを正常に読み取れません。コード読み取り環境はほぼ完ぺきであるため、読み間違いや読み取り不良の数は、一般的に高くなります。反射性が高い部品に光をあてると、レーザースキャナが判断できないホットスポットが作られます。

コードの位置もレーザースキャナには重要です。例えば、一次元コードは、左から右に読み取る必要があります。そのため、対象物のバーコードが常に同じ向きになるようにするための固定具または機械システムが必要です。レーザースキャナには、振動ミラーなどの壊れやすい可動部品が取り付けられているため、修理や交換の費用および時間が必要です。最後に、目の安全を考慮すると、レーザースキャナは付近の作業員を保護するためのシールドが必要です。

関連コンテンツ 

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダに関する詳細は、こちらから:

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...