工業用バーコード読み取り

二次元マトリックスコード

一次元バーコードとは異なり、二次元マトリックスコードは垂直、水平の両方向に情報をが入るため大量のデータを格納できます。たとえば、Code.39が保持できる文字数は39個ですが、二次元コードは1つで最大3,116個の数字または2,335個の英数字を格納できます。

一次元バーコードとは異なり、二次元コード には、エラー訂正機能が組み込まれています。これは一部の一次元コードで使われているチェックデジットと似たもので、読み取りミスを効果的に排除します。1個のデータマトリックスコードで、データは通常3回エンコードされます。これにより、コードが正しく読み取られる確率が飛躍的に高まります。個の二次元バーコードで読み取りエラーを出す確率は、スキャン.1050万回につき1回です。一方、レーザスキャナでは二次元コードを読み取れませんし、このレベルの精度も出せません。

一次元コードには、コードの始点と終点を特定するためのクワイエットゾーンクワイエットゾーンとガードパターンがありますが、二次元コードにはクワイエットゾーン、ファインダパターン、クロッキングパターンがあります。ファインダパターンは二次元コードの外側にあるL字型のパターンです。これは、デコードに際してコードの正しい向きを判断するために使用されます。ファインダパターンの反対側にあるのがクロッキングパターンです。これは、黒いモジュールと白いモジュール(セル)が連続して交互に並んだもので、デコード用に1つのセルの大きさとコードのサイズ(行数と列数)を定義します。クワイエットゾーンは一次元バーコードのクワイエットゾーンと似ていますが、二次元コードでは必ずコード全体を取り囲んでいます。

二次元バーコードシンボル

よく見られる二次元コードには航空、防衛、印刷媒体、米国郵便事業で使用されているデータマトリックス、物流で使用されているドットベースのMaxiCode、自動車や宣伝目的で使用されるQRコード、チケット販売所やレンタカー会社で使用されているAztecコードなどがあります。

関連コンテンツ 

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダに関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ