工業用バーコード読み取り

一次元バーコード:

世界で初めて実装されたバーコードは、一次元バーコードです。この線形コードは、英数字データでのみ構成されています。コードの各文字は、製品に関する異なる情報を表し、その意味は、データベースの情報で知ることができます。

ほとんどの場合、一次元バーコードは左から右に読み取ります。スペースとバーの幅は、バーコードの特定の文字に関連付けられています。クワイエットゾーンまたはマージンは、バーコードの左と右にある白いスペースであり、リーダはここでバーコードの位置を判断します。原則として、マージンは、バーコードで最も細いバーの7~10倍以上が必要です。

コードのその他のすべてのバーは、狭いバーを基にした比率で決まります。例えば、スペースの幅には一般的に2:1、3:1、2.5:1の比率が使われます。 黒のバーは、最も狭い黒いバーを起点に決まります。一部のバーコードには、ガードパターンが使われています。ガードパターンは、バーコードの始まりと終わりにあり、リーダは、このパターンからバーコードの開始と終了位置を判断します。

一次元バーコードシンボル

一般的な一次元バーコードには、GS1、小売り商品および消費財で一般的なUPC (統一商品コード)、欧州連合のEAN、あらゆるASCII 128文字を説明できるCode 128などがあり、これらは一般的に物流に使われています。このようなバーコードの大部分には、チェックデジットが標準で埋め込まれています。チェックデジットは、コードが完全であること、損傷がないこと、情報が不足していないことを確認するために使われます。これは、コード内のデータを数字演算して行われます。

その他にも一次元コードには、Code 39 (軍事用に幅広く使用)、POSTNET (米国の郵便事業に使用)、CodabarInterleaved 2 of 5などがオプションでチェックデジットを採用しています。

関連コンテンツ

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダに関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...