工業用バーコード読み取り

一次元バーコード

世界で初めて実装されたバーコードは、一次元バーコードでした。この線形コードは、英数字データしか格納できません。コードの文字は、それぞれ製品の異なる何かを表します。各文字が何を意味するかは、データベースが提供します。

ほとんどの場合、一次元バーコードは左から右に読み取られます。スペースとバーの幅は、バーコード内の特定の文字に関連しています。クワイエットゾーン(マージン)は、コードの左右にある空白域で、リーダはこの領域を検出してバーコードの位置を判断します。一般にクワイエットゾーンは、最も細いバーの幅の7~10倍必要です。

細バー(最小エレメント)の幅を基準に、コード内のその他のバーの幅が決められます。たとえば、よく使われる割合は2:1、3:1、2.5:1で、これは最も幅の狭い黒いバーを基準にした時の白いバーおよび黒いバーの幅の比を表しています。また、ガードパターンを持つバーコードもあります。ガードパターンはバーコードの先頭と末尾にあるパターンで、リーダにバーコードがどこで始まってどこで終わるのかを知らせます。

一次元コード(バーコード)

一般的な一次元バーコードには、GS1、小売商品や日用品によく見られるUPC(共通商品コード。Universal. Product.Codeの略)、欧州連合で使用されているEAN、128個のASCII文字すべてを記述でき、物流でよく使用されるCode 128などがあります。このようなバーコードの大半は、標準仕様の一部としてチェックデジットを保有しています。チェックデジットは、コードが完全で損傷がない、または情報の欠落がないことを検証するために使用されます。チェックデジットによる検証はコード内のデータを使って数学的に行われます

Code 39(軍事関係で広く用いられているコード)、POSTNET(米国郵政公社:United.States.Postal. Service®で使用されているコード)、CodabarInterleaved.2 of 5などの一次元コードでは、チェックデジットはオプションで読み取りエラーが増える場合などに適用されます。製薬業界で使用されているPharmacodeは、前後両方から読み取れます。このコードには、画像処理式リーダを使用する場合でも、読み取りの際には毎回同じ方向からの読み取りに配置しなければならないという弱点があります。

関連コンテンツ

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

関連製品

  • 固定式バーコードリーダ

    固定型バーコードリーダは、コンパクトなサイズで高性能のバーコード読み取り性能と柔軟なオプションを提供します。

  • ハンドヘルド型バーコードリーダ

    ハンドヘルド型リーダは、厳しい環境でも DPM やラベル式のコードを素早く読み取れるように設計されています。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダに関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ