ディープラーニング

ディープラーニングとマシンビジョンや人間による検査との比較

Choosing between Machine Vision and Deep Learning

柔軟で確実なディープラーニング

何十年もの間、マシンビジョンシステムは、製造品の欠陥、汚れ、機能の不具合などの異常を検出する検査をコンピューターに指示してきました。人間の目視検査は、例から学び、検査における許容偏差を理解することが必要な状況では優れています。一方マシンビジョンは、コンピューター化されているシステムでのみ実現可能な速さと確実性を実現します。

マシンビジョン

マシンビジョンは、速さ、精度、再現性により、構造化されたシーンの定量測定に優れています。適切な解像度のカメラと光学系を使って構築されたマシンビジョンシステムは、小さすぎて人間の目では見えない対象物でも、高い信頼性と少ないエラーで簡単に細部まで検査することができます。生産ライン上に設置されるマシンビジョンシステムは、人間の検査能力をはるかに超えて、1分間に数百または数千の部品を高い信頼性と再現性で検査できます。

従来のマシンビジョンとは異なり、人間は微妙な外観や機能の欠陥を区別する能力や、認識されている品質に影響を及ぼす部品の外観のばらつきを見分ける能力に優れています。しかし、人間には情報を処理する速さに限界がある一方、独自に概念化し、一般化することができます。人間は、例から学び、部品のわずかな異常において本当の問題を区別することができます。このことから、多くの場合、複雑で規則性のないものを判断する場合、特に、微妙な欠陥や予測できない欠陥などには、目視に頼るのが最適です。

人による目視検査

ディープラーニング技術は、人間の知能を模倣するニューラルネットワークを使用して、複雑なパターンの通常のばらつきを許容する一方、欠陥検出、部品検出、および文字認識をします。この場合、ディープラーニングは、検査員による目視検査の柔軟性とコンピューターシステムの一貫性と速さを融合しています。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ