ディープラーニング

ディープラーニングの基本

data cloud behind yellow brain outline

高度な製造工程で品質検査などの判断アプリケーション使用されているディープラーニング技術

スマートフォンから自動運転車に至るまで、消費者経済は、ディープラーニングのニューラルネットワークの力を活用し始めています。ディープラーニングが基本技術として使われている分野:
  • 音声、文字、顔認識
  • モバイル&ウェアラブルデバイス
  • 医療診断
  • インターネットセキュリティ

ディープラーニング技術は、パターン予測や重要なビジネス上の決定に使われています。この同じ技術が、高度な製造工程で品質検査などの判断に使用されるようになっています。

根本的には、ディープラーニングは何が人間にとって自然かを例から学ばせてロボットや機械に教えます。新しい低価格のハードウェアは、人間の脳内のニューロンネットワークを模倣した、重層化された「深い」ニューラルネットワークを実用化させています。初期トレーニングで開発されたコアロジックから始まる深いニューラルネットワークは、新しい画像、音声、文字が提示されるごとに性能を改善し続けます。これにより、製造技術に、画像の認識、トレンドの区別、高度な予測判断など、新たな機能が加わります。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ