バーコード検証

ISO/IEC 15415

ラベル上にある二次元バーコードの規格

二次元バーコードの場合、バーコード検証機は、シンボルの構造や各モジュールの反射率を分析します。ラベル上にある二次元コードは、ISO 15415 規格の 8 つの異なるパラメータに従って評価されます。一次元バーコードと同様に、一部のパラメータは画像に関連するものと、データに関連するものがあります。二次元コードには、一次元バーコードよりデータ量が多く格納されているため、画質よりデータの品質に関連するパラ―メータが多く存在します。

評価

個々のパラメータで一番低いグレードが、コードの総合グレードになります。評価プロセスは、合否テストから始めます。コードが解読できれば、最初のテストに合格します。解読できなければ、自動的に「F」(不合格)と評価されます。コードを解読した後は、シンボルのコントラスト、変位幅、反射マージン、ファインダーパターンの損傷、軸方向非均一性、グリッド非均一性、未使用のエラー訂正などを評価します。

ISO/IEC 15415 品質パラメータ

シンボルのコントラストは、最も暗いモジュールと明るいモジュールの差を示します。
コントラスト不十分
変位幅は、コントラストにおける局部的なばらつきを測定します。
変位幅不良
ファインダーパターンの損傷には、Lサイド、クロックパターンまたはクワイエットゾーンのエラーが含まれます。
ファインダーパターンの損傷
軸方向非均一性は、コードの不均等な拡張を示します。
非均一性
グリッド非均一性はグリッドからの最大偏差を測定します。
グリッド非均一性
関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ