バーコード検証

DPM コード検証の方法

AIM DPM 規格を検証するダイレクトパーツマークコード

ダイレクトパーツマーキング (DPM) コードは外観が異なることがあります。コードが印刷される部品(表面)には、異なる光学的性質があり、画像形成に影響を及ぼすことがあります。ドットピーンやレーザーエッチングなどのダイレクトパーツマーキング方法は、低コントラスト、セル位置の不良、またはセルサイズの不一致などのコードが作られる傾向があります。さらに、印字される表面は、マット仕上げ、鋳造、または反射性が高く、ラベルとしてほとんどがクリーンで均一です。表面は、滑らか、光沢がある、溝がある、縞模様、粗い、または細かいなど様々です。したがって、DPM コードの検証方法には、あらゆる条件下において高い信頼性と、一貫性が求められます。背景および適切な照明を制御することは、AIM DPM 規格に対して検証される DPM コードで非常に重要です。

照明角度

ダイレクトパーツマークの検証規格 - ISO TR 29158 (AIM DPM)ISO/IEC 15415 と類似)ただし、45度角度の照明に加えて、30度および90度の照明角度が可能な点は例外です。30度および90度の照明が可能なことにより、湾曲または反射性の表面にあるシンボルに光をあてることが可能になります。

視野

印刷される最大のバーコードはどの程度の大きさか?バーコード検証機には、二次元 DPM バーコードの大きさに合い、シンボルタイプに特定のクワイエットゾーン要件を満たす十分なスペースが確保された視野が必要です。

Xの最小寸法

コード内の最小エレメント(バーまたはスペース)はどの程度小さいか?この値が、最小 x 寸法です。検証機は、コードの最小 x 寸法に適合していなければなりません。適合していないと、検証に必要な画像を適切に取り込むカメラの解像度が得られません。

検証機のスタイル

製品の二次元 DPM コードは形や大きさが異なるため、検証機はカメラの高さを調整して適切なフォーカスを得る必要があります。高さが調整可能なため、部品のくぼんだ部分に印刷された二次元 DPM コードにも適しています。一度に複数のバーコードを検証する必要のある大きなバーコードまたはラベルの場合は、横幅6インチ以下のデスクトップ「ボックス」タイプの検証機がお勧めです。

ソフトウェアの機能

バーコード検証機のソフトウェアコンポーネントを判断する場合、バーコード印字処理を評価し、問題を診断する機能あることを確かめる必要があります。ユーザーインタフェースが使いやすい、レポートを生成する、AIM DPM 規格に対して評価する、データフォーマットエラーを表示する機能があるかどうかも考慮する必要があります。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ