バーコード検証

確認基準とキャリブレーション

バーコード検証機は、追跡可能な基準でキャリブレーションする必要がある

キャリブレーションカードは、バーコード検証機の適切な操作を手助けするため、業界基準のコンプライアンスで重要です。

バーコード検証機は、追跡可能な基準でキャリブレーションする必要があります。キャリブレーションで画像の明るさを調整するため、シンボル特有の操作ではありません。確認用シンボルのキャリブレーションカードには、検証機のレポート機能を確認し、ISO/IEC 15415ISO/IEC 15416、および GS1 仕様などの産業基準の順守を文書化するのに使用される意図的に不具合を含んだシンボルが記録されています。キャリブレーションカードは発行日より2年間有効です。

二次元検証機の場合、「二次元キャリブレーションカード」または「リニアキャリブレーションカード」のいずれかが選べます。いずれも、反射レベルをキャリブレーションすることができます。重要なのは、キャリブレーションがシンボルに特有ではないこと、いずれかのキャリブレーション対象に検証機をキャリブレーションした後は、その検証機は一次元および二次元コードの両方に対してキャリブレーションされていることです。ただし、一次元検証機の場合は、一次元キャリブレーションバーコードしか使用できません。

環境の変化に対応するには、定期的なキャリブレーションが必要です。周囲の照明および温度は、頻繁に変化する一般的な環境条件です。電気部品は時間の経過と共に変動(特性の変化)するため、検証機の測定値の正確性に影響を及ぼします。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ