バーコード検証

バーコード検証とバーコード品質管理

プロセス制御指標、データの妥当性チェック、検証の違いを理解する

多くの生産者は、既にプロセス制御指標(PCM)を使用してバーコードを監視し、バーコードリーダのソフトウェアを使用してデータを検証しています。正しい手順で行ったとしても、これは真の検証ではないため、生産者からサプライチェーンの間で不具合が発生する危険を取り除くことができません。PCM またはコードの検証を実施している生産者でもライン上で読み取り不可のコードが発生するケースでは、検証機を使えばさらなる保護および保証が確保できます。

データ検証

しっかり印字されているバーコードでも、フォーマットが正しくないと読み取りができないことがあります。工業要件に従ってデータのフォーマットが正しいか確認するで、コンピューターシステムには解読できるバーコードデータだけが送信されるようになります。妥当性チェックはコード内のデータのフォーマットのみを確認するため、印字の品質は確認しません。一方、バーコード検証は、画像およびデータに関連する品質パラメータを測定して、コードの読みやすさを評価します。

プロセス制御指標

バーコードリーダは、使用するソフトウェアによって、プロセス制御および改善に役立つ印字品質指標を提供します。この指標は、生産者の印字コードが特定の印字品質ニーズに適しているか、一般的なリーダがコードを適切に読めるかを確認するのに役立ちます。ただし、バーコードリーダの種類は、サプライチェーンで使用されるシンボルによって大きく異なります。実際、多くのバーコードリーダには、変形した読みにくいコードを複雑読み取れるよう設計されたデコードアルゴリズムが採用されています。品質管理テストやスキャナのプロセス制御指標では、2つの異なるバーコードリーダが同じコードをどのように処理するかを確実に評価することはできません。それができるのはバーコード検証だけです。

検証

一方、バーコード検証機は、バーコードがあらゆるバーコードリーダで読み取れることを確認します。PCM またはデータ検証とは異なり、バーコード検証機は、特定の照明設定を使用し、定期的にキャリブレーションすることで、すべての品質パラメータを確認します。

コード品質管理方法の選択

データ検証 プロセス制御 検証
  • 解読データと指定したフォーマット基準をチェック
  • コード内のデータのみが対象...
  • ...マークの品質は確認しない
  • コード品質のインライン管理
  • 一連のパラメータを1台の検証機として評価できるが、キャリブレーションや照明位置は確認できない
  • 国際基準に対する契約の順守を評価
  • キャリブレーションと正確な照明の正確な配置が必要
使用されるシーン
  • データフォーマット基準チェックが必要(MIL-STD-130、GS1 など)
  • マーキング処理を早い段階から制御する
  • 下流の読み取りを確実にする
  • 最適化されたリーダ設定を活用する
  • 法律で義務付けられている場合
  • PCM でコードが「検出」された場合に診断する
  • 取引パートナーとの通信を活用する必要がある場合
関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ