バーコード検証

検証のメリット

コードの品質、生産性、顧客満足度を高めるバーコード検証

バーコードが正しく読み取りできないと、製造エラーや生産停止から、製品リコールや罰金に至るまで、深刻な問題になりかねません。スキャンに失敗すると、ラインが遅延し、再印刷、製品廃棄、払戻などの費用がかかる惨事となります。バーコード検証は、印字およびマーキングにおけるこのような問題の予防として役立ちます。

品質管理

再印刷の費用および修正バッチの再配送には費用がかかります。検証によって、生産の早い段階でコード生産者に印字の問題を知らせることができます。検証結果を監視することにより、品質が低下し始めると、プリンターでコードの問題エリアをピンポイントで指摘して即座に適切な対策を講じることができます。正しい検証が行われることにより、ラベルやダイレクトパーツマーカーが適切に機能し、サプライチェーン全体で確実に読み取れるコードになります。検証によって、製品の返品や包装廃棄物の軽減、およびその他の費用が削減されます。

顧客満足度

大手小売業者は、指定のバーコード読み取り基準を満たさない製品を排除し、高額の払い戻しを請求します。排除された製品は、生産性や顧客満足度を損ない、深刻な損失につながります。バーコードが正確にスキャンされれば、余分な費用が発生することがなく、手動作業によるエラーも無くなります。このため、バーコード検証がサプライチェーン管理で欠かせない要素になっています。

契約と業界のコンプライアンス

検証機は、コードの品質を高めるのみでなく、生産者のコードの品質を証明するレポートを生成します。これは、メーカーにバーコード検証機の使用を義務付けた厳しい規制を定める産業が増加しているためです。レポートは、印刷したり、ストレージアーカイブにエクスポートしたりして、契約および産業要件のコンプライアンスが証明できます。ほとんどの検証ソフトウェアは、バーコード内のデータが特定の産業におけるアプリケーション規格を順守しているか確認できます。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ