バーコード検証

ISO/IEC TR 29158 (AIM DPM)

AIM (国際自動認識工業会) ダイレクトパーツマーキング (DPM) 品質ガイドラインは、二次元コードの ISO/IEC 15415 規格の信頼性を高め、特に DPM アプリケーションに使用される様々なマーキング技術および部品材料を扱うための指針です。

AIM DPM は、主にグローバルしきい値の様々な計算法によって ISO/IEC 15415 の課題に対処し、追加照明オプションでコントラストを改善し、前処理で部品のノイズをなくします。ISO 15415 と同様に、AIM DPM は、いくつかのパラメータに従って、シンボルの構造と各モジュールの反射率を分析します。

評価

最終評価は、8つの個別パラメータが基本です。8つのパラメータとは、最小反射律、復号容易度、セルコントラスト、セル変位幅、ファインダーパターンの損傷、軸方向非均一性、グリッド非均一性、未使用のエラー訂正です。最終評価は、全体の最低評価です。例えば、すべての指標が「A」または「4」で、復号容易度が「否」の場合、総合グレードは「F」になります。

関連コンテンツ

コグネックス製品の詳細について:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ