Training

In-Sight Vision Suite

Part Number: TRN-VS-CGNX-STD
 
In-Sight Vision Suiteは、直感的なIn-Sightスプレッドシートインターフェイスを利用して、プログラミングなしでディープラーニングアプリケーションをすばやくセットアップして実行します。 In-Sightスプレッドシートはアプリケーション開発を容易にし、完全な入出力および通信機能が設定された合理的なファクトリーインテグレーション構築します。
 

In-Sight Vision Suiteクラスは、スプレッドシートプログラミング環境とユーザーインターフェイスを使用してビジョンアプリケーションを構成する基本的な方法のトピックを教えます。 In-Sight Vision Suiteを新規ユーザの方に、In-SightVisionSystemsで使用するハードウェアとソフトウェアの概要を説明します。 In-Sight Vision Suiteスプレッドシートインターフェイスを最大限に活用することに重点を置いて、ユーザーはスプレッドシートプログラミングのベストプラクティスを使用してビジョンアプリケーションをセットアップするプロセスをウォークスルーする方法を学びます。

 

コグネックスの教育サービスは、国際継続教育協会(IACET)からCEUの認定プロバイダーとして認められています。

参加者は、このトレーニングイベントが正常に完了した後、トレーニングイベントを通じてアクティブな参加者であり、トレーニングイベントの指定されたトレーニング時間の100%に出席している場合、1.4継続教育単位(CEU)を獲得します。

Accredited_Provider_Logo

オンライントレーニング

Microsoft Teamsを使用し、インタラクティブで魅力的なトレーニング体験を提供できるようにします。

詳細、ダウンロード、およびMicrosoft Teamsのインストール方法はこちら:https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-teams/download-app

また、このトレーニングは特別なライセンスやハードウェアが必要なため、TeamViewerリモートログインを提供しています。

これでトレーニングルームのPCにリモートで接続できます。詳細、ダウンロード、およびTeamViewer のインストール方法はこちら:https://www.teamviewer.com/

 

目的

このトレーニングは以下のことができるようになることを目的としています:

 

  • In-Sightカメラをネットワークに接続
  • スプレッドシートをナビゲート
  • IfやAndなどの関数を含む基本的な数式を作成
  • In-Sightジョブでフィクスチャを実装
  • パターン認識、ヒストグラム、ブロブ、エッジツールなどのコアビジョンツールを実装
  • キャリブレーションの目的の理解と実装
  • さまざまな形式の通信を記述:ディスクリートI/Oおよびネットワーク通信
  • ジョブでカスタムビューを作成
  • 照明と光学の基礎知識の習得

本クラスは次のような受講者を想定していおります:

  1. Microsoft®Windows®環境の知識
  2. オンライントレーニングの場合、Teamsおよび、Teamviewerが使用できる環境があること
  1. ハードウェアと接続
  2. ソフトウェアの概要と画像取得
  3. PatMax Redlineと演算ツール
  4. ヒストグラムとエッジ
  5. BlobおよびImageツール
  6. キャリブレーション
  7. ネットワーク通信
  8. オペレーターインターフェース(HMI)
  9. 展開
  10. 照明と光学
  11. 最終プロジェクト

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ