ホワイトペーパーおよび記事を読む

 

ディープラーニングによるスポット溶接検査のソリューションガイド

強く、耐久性を上げるスポット溶接は電子部品の寿命を延ばし、品質を向上させることで返品コストを削減します。しかしながら通常の生産ラインでは溶接部品の多さに対し作業員が少なく、手作業検査の工数があまりにもかかりすぎることが課題です。ディープラーニングはそのような課題に対し、プロセス自動化のための代替ソリューションをご提案します。

本ガイドではスポット溶接検査自動化のためにディープラーニングを使用する際の4つのフェーズをご紹介しています。

1.プロトタイプの作成
2.工場での妥当性確認
3.生産ラインへの導入
4.プロセス制御に向けた分類

これらのフェーズを理解することで、コストのかかるエラーを低減し、高い投資利益 率を見込むことができます。

WP-Spot-Welding-Flipbook

電子メールアドレスを入力してください、Cognex.com にアクセスして、無料でホワイトペーパー、製品説明書、ソフトウェアなどをダウンロードできます。

すでにご登録いただいている方は、登録済みのメールアドレスをご使用ください。

コグネックスでは、プライバシーを重視しています。個人データは、正当なビジネス目的で使用されます。当社の個人情報の使用方法について詳しく知りたい場合は、個人情報の取り扱いに関する方針をご覧ください。