ホワイトペーパーおよび記事を読む

 

Expert Guide: 自動製造ラインにおけるダイレクトパーツマーク(DPM)に関する検討事項

完全に自動化された製造ラインでは、部品の取り扱いや移動はコンベヤやインデックスユニット、ロボットが実行し、バーコードリーダは(部品上の)マークが正面にくるように固定して設置されています。同様にプレゼンテーション方式では、バーコードリーダが連続読み取りサイクルで作動し、オペレータが部品をバーコードリーダの正面に置くことにより、自動的にコードの読み取りが実行されます。ここでは、固定型バーコードリーダを使用して、完全に自動化された製造ラインにDPMトレーサビリティープロセスを導入する際の主な検討事項について説明します。

direct-part-mark-considerations

Cognex.comが提供するホワイトペーパー、パンフレット、ソフトウェア、その他ダウンロード用資料への無料アクセスをご希望の方は、メールアドレスを入力してください。

コグネックスではお客様の個人情報を大切にしています。収集した個人情報は正当な営業活動に使用します。今後のコグネックスからのEmail配信に関する各種設定は、こちらをクリックしてください。弊社の個人情報取り扱いについての詳細は弊社の個人情報保護方針をご確認ください。