バーコードにおけるシンボル

GS1 DataBar Stacked

関連バーコードリーダ

マシンビジョン

メーカーはマシンビジョンテクノロジを使用して、生産をスピードアップし、不良品を最小限に食い止め、 コストを削減できます。

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

GS1 DataBar は、通常の UPC バーコードより少ないスペースに大量の情報を収納する情報密度の高いバーコードです。1つの通常の GS1 DataBar は最大14桁を保持できます。Extended GS1 DataBar はさらに多くの桁を保持できます。GS1 DataBar Stacked は、2つの GS1 バーコードを積み重ねた形をしています。こうすることにより、小さな正方形のスペースに連続した情報を収納できるようにしています。このタイプの積層コードは、スーパーマーケットで使われることが多く、小さなパッケージにより、生産者など、多くの情報が取り込めるようになっています。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する

仕様: 積層されている各 GS1 バーコードには独自のコーディングがあり、左ガード文字、複数のデータ文字セクション、埋め込みファインダパターン、右ガード文字で構成されています。GS1 DataBar 自体は、制限のある英数字のみをエンコードし、積層部分には、2つのコードの情報を組み合わせて ASCII 文字をエンコードしています。

メリット: コードを重ねることにより、GS1 DataBar Stackedの多様性を高め、他のほとんどのバーコードより少ないスペースで大量の情報をエンコードできるようにしています。また、エラーを確認するためのチェックデジットが含まれています。

デメリット: 1つの GS1 DataBar に比べスペースを効率的に使用できません。エンコードする情報量が制限されています。
バーコード・ 二次元シンボル 早わかりガイド

バーコード・二次元シンボル早わかりガイド: バーコード読み取りに関するガイド

ガイドをダウンロード

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...