バーコードにおけるシンボル

QR コード

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

QR (Quick Read) コードは、自動車部品のラベルおよび識別に使用するために設計された二次元マトリックスコードです。スマートフォンでスキャンして読み取ることが可能なことから、商業利用において幅広い支持を得ています。広告主は、印刷物およびデジタルのほぼ何でもコードを入れることができ、スマートフォンユーザーは、それをスキャンしてデコードします。多くの場合は、特別な案内や値引きなどに使われます。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する  

仕様: QR コードは、非常にシンプルまたは非常に複雑のいずれかがあり、サイズもさまざまです。形状は、黒と白のセルから成る正方形です。上の2つの隅と左下の隅には小さなファインダパターンがあり、正方形の中に正方形の形で表されています。

メリット: 素早く読み取れるほか、膨大なストレージ容量を持ち、あらゆる点で UPC バーコードより優れています。数字と英数字の両方のほか、バイナリ文字、さらには中国の表語文字もエンコードできます。

デメリット:膨大なストレージ容量と損傷したコードのエラー修正を持つものの、この2つで機能が相殺されています。エラー修正が高いほど、ストレージ容量が少なくなります。また、実行ファイルを含めることができるため、注意しないと、使用するデバイスを危険にさらす可能性を秘めています。ただし、このリスクは高くありません。

関連バーコード: 
Data Matrix - 黒と白のセルおよびファインダパターンで同様に情報をエンコードします。データマトリックスコードは、エンコードするデータの量を一定に制限しています。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ