バーコードにおけるシンボル

データマトリックスコード

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

データマトリックスは、コンパクトなスペースで大量のデータをエンコード可能な二次元マトリックスコードです。航空宇宙分野での使用、部品のラベリング、防衛、郵便、印刷物など、幅広い用途に使用されています。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する  

仕様: データマトリックスは、最大 2,335 英数字、または最大 3,116 数字文字をエンコードできます。正方形または長方形のいずれかのパターンで形成される複数の黒と白のセルで出来たブロックで構成されています。さらに、各データ的リックには、周囲ファインダとタイミングパターンの両方があります。また、大きいものから小さいものまでさまざまなサイズのシンボルもエンコードできます。各データマトリックスコードの端はクワイエットゾーンです。

メリット: データマトリクスコードは、内蔵のエラー修正システムによって、最大40%が損傷していう場合でも読み取れるように設計されています。また、文字、数字データ、またはその他の ASCII 文字もエンコードできます。

デメリット:ほとんどの一次元バーコードより多くの文字を読み取れますが、それでも読み取り可能な文字数には限界があるため、長いメッセージを送信した場合に問題が発生する可能性があります。

関連バーコード:
QR - QR も黒と白のセルのブロックで構成され、ファインダパターンがあります。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ