バーコードにおけるシンボル

Interleaved 2 of 5 バーコード

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

Interleaved 2 of 5 (ITF) バーコードは、2値幅数字コードで、コードが偶数桁で刈る限り、あらゆる長さで情報をエンコードできます。情報はバーとスペースの幅に基づいてエンコードされます。常に5本のバーのうち、2本が太くなっています。元となった Standard または Industrial 2 of 5 バーコードは、スペースは使わず、バーの幅でしか情報をエンコードできませんでした。ITF バーコードは、主に流通および倉庫における識別に使われています。UPC バーコードが付けられた品物が入った段ボール箱や、木箱の確認にも使用されることがあります。さらに、ラベル 135 フィルムにも使われます。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する

仕様:Interleaved 2 of 5 バーコードは、コードの開始を示すスタートコードから始まります。次にエンコードされたデータが続き、オプションのチェックデジット、ストップコードと続きます。ITF バーコードは、各文字が2つのインターリービングされたデジットで作られているため、偶数桁のみをエンコードします。コードに奇数桁がある場合は、バーコードの前にゼロが付加されます。

メリット: Interleaved 2 of 5 バーコードは、バーとスペースの両方を活用することにより、通常の 2 of 5 コードより多くの情報をエンコードします。さらに、自己チェック機能を持つため、チェックデジットが必要ありません。ただし、追加することはできます。

デメリット: 数字しか使用しないため、文字はエンコードできません。

バーコード・ 二次元シンボル 早わかりガイド

バーコード・二次元シンボル早わかりガイド: バーコード読み取りに関するガイド

ガイドをダウンロード

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ