バーコードにおけるシンボル

GS1 DataBar Omnidirectional Barcodes

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

GS1 DataBar Omnidirectional は、UPC-A や EAN-13 より小さい小型の高密度のバーコードで、米国およびヨーロッパで標準の小売り向けバーコードとして使われています。ただし、UPC-A が12桁、EAN-13 が13桁に制限されている反面、GS1 は14桁を保持することができます。この14桁によって、GS1 DataBar は、異なるデータベースおよび組織を渡って製品を共通に特定できる GTIN (国際標準の商品識別コード) を最大長で保持することができます。その名前の通り、GS1 DataBar Omnidirectional は、あらゆる方向で正確にスキャンできます。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する

仕様: GS1 DataBar Omnidirectional バーコードは、コードの開始を示す左ガード文字から始まります。データ自体は4つのセクションに分かれています。左右に「ファインダパターン」が組み入れられ、右端にはバーコードの終わりを示す右ガードがあります。バーコードは、それぞれを積み重ねてさらに連続性のあるデータにエンコードすることもできます。

メリット:GS1 DataBar は、少ないスペースに大量の情報を凝縮し、積層してより多くの情報をやり取りするようにできます。また、あらゆる方向からスキャンできます。精度を確認するチェックデジットが必要です。文字と数字の両方を採用する英数字型です。

デメリット: 特殊文字や記号は使用できません。積層できますが、1つのバーコードには最大14桁しか保持できません。そのため、大量のデータをエンコードすると、凝縮するという特性が活かせない場合があります。

関連バーコード: 
GS1 DataBar Expanded - GS1 DataBar Omnidirectional のアップグレード版で、さらに多くの情報をエンコードできます。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ