バーコードにおけるシンボル

Extended Code 39

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

Code 39 は、数字と文字の両方をエンコードできるようにした最初のバーコードです。さまざまな長さを持ち、最大 43 の異なる文字をエンコードします。Extended Code 39 は、Code 39 の更新版で、同様にエンコードされた文字の組み合わせを使用して、句読点や特殊記号、および小文字を含む 128 ASCII 文字全体を表示できるようになっています。一般的に軍隊および自動車分野で使用されています。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する

仕様: Extended Code 39 バーコードは、通常の Code 39 コードと似たセットアップですが、特別に指定されたスタートおよびストップ文字(通常フォントの * として表示)、および精度を確認するオプションのチェックデジットがあります。各特殊文字は、2つの標準 Code 39 文字の組み合わせで表現します。これは、Code 39 ですでに実現している文字の組み合わせで別の文字を表現する方法を採用しています。

メリット: Extended Code 39 は、多様性に優れているため、必要なあらゆる文字をエンコードできます。

デメリット: 各特殊文字が2つの通常の Code 39 文字の組み合わせでできているため、コードが長くなります。特殊文字の使用が増えれば、コードも長くなります。さらに、文字は2つの異なる方法(Code 39 の通常文字2つとして認識するか、Extended の特殊文字1つとして新式するかのいずれか)で読み取ることができるため、Extended 39 コードとして読み取るため、スキャナを設定しなければなりません(通常の Code 39 のように事実上普遍的に読み取ることはできません)。最後に、チェックデジットはオプションのため、使用しない場合は、エラーのリスクが高まります。

関連バーコード: 
Code 39 - Extended Code 39 の旧版に相当し、同じエンコード方法を使用していますが、文字オプションに制限があります。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ