バーコードにおけるシンボル

Code 39 バーコード

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

「Code 3 of 9」または「Alpha39」とも呼ばれる Code 39 バーコードは、数字と文字の両方を使用した最初のコードです。長さの異なるバーコードで、一度に最大 43 のアルファベット文字をエンコードできます。 一般的には、軍隊や自動車産業で使われています。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する

仕様: Code 39 バーコードには、スキャナが判断しやすいように、コードの最初と最後を示すスタート/ストップコードがあります。一般的には、通常のフォントの * が使われています。スタート/ストップ文字を除けば、バーコードは技術的に1から10までの数字のみをエンコードします。しかし、特別な指定を使用することによって、文字をカテゴリに分類し、文字を指定することができます。たとえば、最初の10文字(A-J)には数値を与え、「文字」指定を先行させます。次の 10 (K-T) には「文字+10」が指定されます。つまり、K は文字+10の次の1であり、アルファベットの11番目の文字であることを示します。同様に、U-Z は「文字 +20」で表現されます。もちろん数値は、それぞれ独自の指定を持っています。

メリット:文字と数字の両々を使用することで、Code 39 の多様性が発揮されます。さらに、自己チェック機能を装備しているため、チェック番号は必要ありません(ただし使用は推奨されています)。

デメリット:最大 43 文字という制限があります。また、読み取るために数値を文字に割り当てる方法であるため、多様性が制限され、他の文字が排除されます。

関連バーコード: 
Code 93 - Code 39 をさらにコンパクトにしたコード
Extended Code 39 - Code 39 文字と組み合わせることにより、記号や句読点を含むあらゆる ASCII 文字をエンコードできます。Code 39 とは異なり、文字に制限はありません。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ