バーコードにおけるシンボル

Code 128 バーコード

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

Code 128 は、最も情報密度が高く、情報ストレージの可能性という点では、一次元カテゴリの中で最も多様性のあるバーコードです。その名前は、事実上すべての 128 ASCII 文字をエンコードできることに由来します。文字と数字のみでなく、句読点や記号にも対応します。購入や発送などの物流に最も一般的に使用されていますが、その他さまざまな目的に使用できる可能性を秘めています。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する  

仕様:Code 128 バーコードには6つのセクションがあります。最初と最後のセクションは、両方とも「クワイエットゾーン」です。これは、コードの他のエレメントに基づいて特定の量のブランクスペースで構成されています。最初のクワイエットゾーンの次はスタートキャラクタで、これによりバーコードのコードセットが決まります。

Code 128 には、3つのコードセットがあります。セットAは、すべて大文字を使います。セットBは、小文字と大文字の両方を使います。セットCは数字データのみを扱うため、データが2倍に圧縮され、同じスペースにより多くのデータが収納できます。

スタート文字の後はデータです。エンコードされた各文字は、それぞれが1本のバーと3つのスペースで構成されます。その後は精度を確認するチェックデジットで、次にコードの最後を示すエンド文字が続き、最後にクローズ用のクワイエットゾーンが続きます。

メリット: Code 128 は多目的に使用できるのみでなく、コンパクトなため、同じスペースでも通常のバーコードより多くのデータを格納することができます。

関連バーコード: 
ExtendedCode 39 - 他オン文字と組み合わせることにより、すべての 128 ASCII 文字をエンコードできます。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ