バーコードにおけるシンボル

Codabar バーコード

関連バーコードリーダ

Machine Vision

Manufacturers can speed production, minimize defects and reduce costs with machine vision technologies

DataMan 360

バーコードリーダ

画像処理式バーコードリーダは、一次元バーコードおよび二次元コードを素早く確実にデコードします。

Codabar は、特にドットマトリックスプリンタなど、印字形式で読み取られるよう設計された自己チェック機能のあるバーコードです。一般的に、Fed-Ex の小包や血液バンクの用紙などに使われています。Codabar コードは、あらゆる面で利便性に欠け、新しいコードのほうが少ないスペースでより多くの情報を収納できるようになっています。しかし、Codabar が消滅したわけではなく、図書館(図書番号)やいくつかの団体で今でも使われています。

> バーコードリーダのカスタム見積りを依頼する

仕様: Codabar バーコードは、最大16の異なる数字文字に、コードの最初と最後を示すための4種類のオプション文字(通常は、A、B、C、D)を加えて構成されています。文字の配置順序によってバーコードの使用目的が指定できるようになっています。(ライブラリ、血液バンク、写真ラボなど)が指定できるようになっています。Codabar には自己チェック機能が装備されているため、最後のチェック番号は必要ありません。ただし、チェック番号を採用している団体もあります

メリット: Codabar は大きく、明確に配置されてるため、標準のプリンタで印刷した場合でもスキャンしやすくなっています。このコードには自己チェック機能が付いているため、コード入力時のエラーを排除できます。.

デメリット: 前述の通り、Codabar は使用頻度が低く、他のより効率的な製品識別子と置き換わっています。.

バーコード・ 二次元シンボル 早わかりガイド

バーコード・二次元シンボル早わかりガイド: バーコード読み取りに関するガイド

ガイドをダウンロード

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ