シンボル

バーコードにおけるシンボル

バーコードテクノロジーは、高速でも信頼性の高いデータ収集を行い、部品または製品のトレーサビリティ、アセンブリ工程のエラー防止、顧客サービスの強化を実現します。

バーコードは、機械で読み取ることができる記号で、部品や製品など、関連付けられている物を特定するデータを保管します。このシンボルをバーコードスキャナで読み、デコード、記録、処理されて、様々な目的(価格、受注処理、生産トレーサビリティ、仕分け、発送など)のデータが抽出されます。

 

一次元バーコード

1D (一次元) バーコードシンボルは、私たちが見慣れている一般的なスタイルです。コードの情報はすべて水平に並べられたバーとバー間のスペースに収められ、スキャナで左から右に読み取られます。1次元コードには、数字のみを扱う場合と、その他の文字をエンコードできる場合があります。コードの高さは製品の利用可能なスペースに基づいて様々です。また、バーコードリーダの性能も、バーコードの大きさに応じて様々です。最も分かりやすい一次元バーコードは、食料品や家庭用品などの多くの日用品に見られる UPC コードです。

コードタイプ:

二次元マトリックスコード

二次元シンボル(2D)は、バーコードの世界に最近加わりました。縦および横両方向にデータを保存して四角または長方形を形成することにより、一次元バーコードよりかなり多くの情報をエンコードできます。二次元シンボルは、可読性が高く、印刷不良に対する抵抗性が高いことが知られています。これらのセルには冗長データが含まれているので、1 つ以上のセルが破損しても、コードは読み取り可能です。次の例は、最も使用されている二次元コードの一部を示しています。

コードタイプ:

郵便番号

何年もの間、世界中の様々な国で、それぞれのニーズに最も適した 独自の郵便番号を開発してきました。しかし、最近では それらを標準化する動きが進んでいます。

コードタイプ:

積層型線形バーコード

コードを重ねることにより、バーコードの多様性を高め、他のほとんどのバーコードより少ないスペースで大量の情報をエンコードできるようにしています。

コードタイプ:

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ