画像処理ソフトウェア

PoweGrid 搭載 2DMax

テクスチャと形状で優れたコード読み取りを実現する二次元アルゴリズム

2DMax は、二次元ダイレクトパーツマーク (DPM) のコード品質に対する様々な劣化に対応する二次元コード読み取りアルゴリズムです。PowerGrid 搭載 2DMax は、テクスチャおよび幾何学データの両方を組み合わせることにより、欠損のあるクワイエットゾーン、ファインダパターンおよびクロッキングパターンを含む低品質の二次元コードを確実に読み取ります。2DMax は、読み取りが最も困難な損傷が激しいコードでも、優れた二次元コードの読み取り率と精度を提供します。

PowerGrid 搭載 2DMax は、データマトリックスコードに不可欠な要素が欠損または損傷している場合でも、二次元コードを正しく読み取ることができます。従来の画像ベースのバーコードリーダは、形状ベースのアルゴリズムを使用して、ファインダパターンとクロッキングパターンを検出し、データマトリックスの正しいコード方向とモジュールサイズを判断しています。クワイエットゾーンが消失している場合やファインダパターン、クロッキングパターンが隠れていたり、欠けている場合には、第二のテクスチャベースのアルゴリズムがコードの識別と読み取りに必要になります。2DMax は、形状ベースのパターンサーチと、テクスチャベースの分析(シーンを調べ、クラスター化されたデータモジュールから類似のテクスチャを見つけ出す)を組み合わせています。モジュールが検出されると、モジュールのサイズとデータマトリックスのサイズを調べます。続いて、従来の2DMaxコード読み取りアルゴリズムがデータを読み取り、デコードします。

マシンビジョンソフトウェアおよびその他のコグネックス製品の詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ