画像処理ソフトウェア

フレキシブル傷検査

境界および表面の欠陥を検出

Flexible Flaw Detection edge inspection tool finding printing error on number 5

フレキシブルツールがなければ、通常の工程変動によって検査中に誤品が発生する可能性があります。コグネックスのフレキシブル傷検査 (FFD) は、レンズおよび遠近歪み、スケール変化、印字位置ずれ、ラインスキャン画像の伸びなどを扱う際に精密なエッジおよび表面検査を実現します。FFD は、形状の適合性や汚れや傷などの表面欠陥を検査するための理想的なツールです。FFDは、スクリーン印刷されたロゴの不良検査などの印刷検査に使われます。

フレキシブル傷検査は、エッジまたは平面ベースの形状検査に適しています。エラーが発生しやすい条件下でエッジと境界を検出するため、FFD は登録モデルのエッジとランタイム画像のエッジを比較して、余分なエッジまたは欠けを確認します。FFD は、カラーとグレースケールの両方のアプリケーションで動作し、精度と速度のバランスをとる柔軟性を提供し、実行時の欠陥を無視することもできます。

マシンビジョンソフトウェアおよびその他のコグネックス製品の詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ