画像処理ソフトウェア

コグネックス ビジョン ライブラリ(CVL)

OEM および画像処理アプリケーション開発者のための究極の柔軟性

コグネックス画像処理ツールの高性能 C++ クラスライブラリ

コグネックス ビジョン ライブラリ (CVL) は、OEMメーカ が究極の柔軟性を活かして幅広いマシンビジョンアプリケーションを構築できるよう設計されています。CVL を使えば、開発者は独自の画像処理ツールの作成、マルチスレッドの設定、すべてのツールプロパティおよびオプションへのアクセスが可能です。

オペレーティングシステムの管理

CVL なら、ユーザーは実績のある信頼性の高いコグネックス画像処理ツールを使用して、ガイダンス検査計測識別など、幅広いマシンビジョンアプリケーションを自由に構築できます。

世界大手の機器メーカーおよび OEM が実装

CVL は、OEM や高度な画像処理システムの開発者向けに設計されています。幅広い C++ クラスライブラリおよびユーザーコントロールが CVL ソフトウェアを OEM および資本設備機器に完全に統合されています。

統合された汎用性に優れた通信および画像取り込み

CVL を使えば、あらゆる工業用カメラまたはフレームグラバで堅牢な画像処理ソフトウェアが使えます。コグネックスの画像取り込み技術は、アナログ、デジタル、カラー、モノクロ、エリアスキャン、ラインスキャン、高解像度、マルチチャンネル、カメラ切り替えなど、あらゆるタイプの画像取得をサポートしています。さらに、コグネックスは、数百種類の工業用カメラおよびビデオ形式に対応し、マシンビジョンで一般的に使用される取り込み要件に幅広く対応しています。コグネックスの工業用カメラ (CIC)、GigE Vision、カメラリンク、またはフレームグラバを使えば、素早く画像が取り込めます。

マシンビジョンソフトウェアおよびその他のコグネックス製品の詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ