画像処理ソフトウェア

Cognex Designer

開発用グラフィックインタフェース機能付き VisionPro 画像処理ツール

二次元/三次元アプリケーション開発向け専用のGUI

Cognex Designer なら、完全な画像処理アプリケーションの構築を早め、強力な VisionPro ツールライブラリをフル活用してさらに開発を容易にします。グラフィカルなブロック図を使用するプログラミング環境によって、開発サイクルが短縮され、アプリケーションのメンテナンスおよびサポートが容易になります。

Cognex Designer なら、スクリプト作成やプログラミングが必要ないため、画像処理アプリケーションの開発、実装、整備が簡単です。パワフルなインタフェースは、コンポーネントをページにドロップするだけで簡単に構築できます。

機能を損なわず複雑なアプリケーションを簡素化する

Cognex Designer は、便利なドラッグ・アンド・ドロップ形式で、二次元および三次元画像処理ツールの VisionPro ライブラリにフルアクセスできるため、アプリケーションのセットアップが容易で、開発時間も短縮できます。Designer を使えば、プログラミングをしなくても、画像取り込みの設定、画像処理ツールの選択および最適化、業界基準の入出力インタフェース、合否判断が可能です。内蔵された HMI ユーザーインタフェースと、ロボット、モーションステージ、マシンコントロールなどのハードウェア用カスタムプラグインが活用できます。

完全な画像処理アプリケーションを構築する 4 つのステップ

Cognex Designer なら、アプリケーションの設定が素早く簡単:
  1. 設定アプリケーション - インタラクティブな編集管理を使用して画像処理ツール特性を設定します。三次元センサ、カメラ、およびI/Oデバイスなど外部ハードウェアデバイス用にプラグインを追加します。
  2. HMI の開発 - 該当する画像処理アプリケーションを監視および制御するための専用のランタイム操作オペレータを作成します。
  3. 接続 - 入出力およびファクトリプロトコル通信を構成し、モーション装置の制御および結果をアーカイブします。
  4. 実装 - 画像処理コントローラまたは工業用 Windows PC にインストールします。

画期的なディープラーニングベースの画像分析(オプション)

Cognex Designer には、工業用画像分析専用初のディープラーニングに基づいたソフトウェア VisionPro ViDi が搭載されています。この画期的な技術は、複雑な外観検査や難しい OCR 用に最適化されています。Cognex ViDi プラグインを使用すると、Designer で ViDi ソフトウェアが使用できるようになります。

統合された汎用性に優れた通信および画像取り込み

Cognex Designer を使えば、あらゆる工業用カメラまたはフレームグラバで堅牢な画像処理ソフトウェアが使えます。コグネックスの画像取り込み技術は、アナログ、デジタル、カラー、モノクロ、エリアスキャン、ラインスキャン、高解像度、マルチチャンネル、カメラ切り替えなど、あらゆるタイプの画像取得をサポートしています。さらに、コグネックスは、数百種類の工業用カメラおよびビデオ形式に対応し、マシンビジョンで一般的に使用される取り込み要件に幅広く対応しています。コグネックスの工業用カメラ (CIC)、GigE Vision、Camera Link、またはフレームグラバを使えば、素早く画像が取り込めます。

マシンビジョンソフトウェアおよびその他のコグネックス製品の詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ