IS3D-L4000 ショートバナー

In-Sight 3D-L4000 には、幅広い三次元ビジョンツールがあります。これらのビジョンツールは、部品の三次元画像を使用します。In-Sight スプレッドシートを使用すると、プログラミングをしなくても、この三次元ツールセットにアクセスできます。3D-L4000 は、In-Sight 二次元ツールセットを完全に採用しているため、三次元ツールと組み合わせて強度画像使用して、幅広いアプリケーションに対応します。以下は、新しい In-Sight 三次元ビジョンツールットの例です。

PatMax3D

PatMax3D ビジョンツールは、コンロッドに見られるようにパターンマッチングと部品位置の基準を進化させます。すべてのビジョンツールを適切な位置に配置して、三次元画像で部品を正確に検査できます。

PatMax3D はパターンマッチングと部品位置の基準を進化させます。すべてのビジョンツールを適切な位置に配置して、三次元画像で部品を正確に検査できます。

Blob3D

Blob3D ビジョンツールは、三次元画像で特徴の量を検索して測定します。

Blob3D は、三次元画像で特徴の量を検索して測定します。

Edge3D

Edge3D ビジョンツールは、パーツのジオメトリを使用して、三次元画像のエッジの出っ張りやへこみを確実に検出します。

Edge3D は、パーツのジオメトリを使用して、三次元画像のエッジの出っ張りやへこみを確実に検出します。

Plane3D (点と平面)

Plane3D (点と平面) は、抽出された特徴からステップの高さと距離をすばやく測定できます。

Plane3D (点と平面) は、抽出された特徴からステップの高さと距離をすばやく測定できます。

ギャップ計測

3Dエッジと測定ツールを組み合わせて、部品上の対象物間のギャップ測定を迅速に行うことができます。

3Dエッジと測定ツールを組み合わせて、迅速なギャップ測定を行うことができます。

平面間 Angle3D

平面間 Angle3D は、抽出した 2 つの平面間の角度を測定します。

平面間 Angle3D は、抽出した 2 つの平面間の角度を測定します。

Sphere3D (円形抽出)

Sphere3D (円形抽出) ビジョンツールは、部品のジオメトリを使用して、部品の円形断面を特定して測定します。

Sphere3D (円形抽出) ビジョンツールは、部品のジオメトリを使用して、部品の球面断面を特定して測定します。

Cylinder3D (円柱抽出)

Cylinder3D (円柱抽出) ビジョンツールは、部品のジオメトリを使用して、部品の円筒断面を特定して測定します。

Cylinder3D (円柱抽出) ビジョンツールは、部品のジオメトリを使用して、部品の円柱断面を特定して測定します。

三次元ジオメトリ

In-Sight 3D-L4000 3D ジオメトリ ツールを使用して、点と線間の距離を計測

三次元ジオメトリでは、点、線分、平面などの抽出された特徴を使用して、それらの間の距離と角度を計測します。たとえば、2 つの平面間の角度や、線分と点の間の距離などです。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...