マシンビジョン

肉パテの検査

三次元測定の使用により製品品質を確保して、コストを削減し、消費者の信頼を向上させる

課題:

包装する前に、肉の容量、寸法、外観品質を検査する。

解決策:

肉パテの製造中に高さを割り出すため、DS1000 シリーズの 三次元変位センサが使用されました。各肉パテはスキャンされ、肉の量が仕様の範囲内であり、肉パテの構成要素に不足がないこと、および形状ができる限り円形に近いことを確認します。画像をスキャンし、三次元および 二次元ビジョンツールを使用し、検査を実行します。

結果:

パッケージ業者は不適切に形成された肉パテを簡単に識別できるようになりました。これにより、手作業での検査を行うことなく製品の品質を向上することができました。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ