最先端のテクノロジ

基準ベースの評価

固定式バーコードリーダ用コード品質評価ソフトウェア

基準ベースの評価 (SBG) は、一部の DataMan 固定式バーコードリーダでプリロードまたはアクティブにできるソフトウェア機能キーで、一次元および二次元コードの品質を評価します。SBG は、DataMan 検証機と同じ検証評価アルゴリズム、キャリブレーション プロセス、およびソフトウェア ユーザー インターフェイスを使用しますが、国際標準化機構 (ISO) ガイドラインに必要な角度固定照明は含まれていません。SBG は、Process Control Metrics (PCM) などの既存のバーコード品質ソフトウェアの信頼性が不十分で、ISO 準拠が必要ない、または可能でない場合に適しています。

Standards-based grading software screenshot

Standards-Based Gradingを使用する理由とは?

ますます多くの業界で、 ISO または業界のアプリケーション ガイドラインへの準拠が求められますが、それに対応できるのは、ISO 準拠バーコード検証機のみです。取り付け制限やバーコードの配置により、ISO 準拠の検証をすべてのアプリケーションで使用できるわけではありません。

SBGは、特定の照明角度、ワークディスタンス、または取り付け制限を確認せずに、検証と同等の高い信頼性と再現性でバーコード診断結果を実現できる最善の方法です。SBG を使用すると、リーダをキャリブレーションしてカメラの反射レベルの測定を統一することで、すべての ISO 品質パラメータを報告できるようにしています。

SBG とは異なり、PCM にはキャリブレーションプロセスがないため、ISO 評価アルゴリズムの要件に従うか、またはあらゆる品質パラメータを報告します。PCM の結果はコード品質のデータを得ることができますが、その結果は、セットアップと使用するハードウェアによっても大きく異なる場合があります。

  バーコード読み取り PCM SBG バーコード検証
  バーコードリーダ PCM SBG 検証
コード読み取り
データ検証
コード品質フィードバック  
ISO パラメータ評価   一部
キャリブレーション    
高度なコード診断    
ISO 規格に準拠したデコードアルゴリズムの使用    
角度固定照明      
ISO 完全準拠      
Standards-based grading report

コード品質レポートの自動生成

SBG ソフトウェア プラットフォームは、視覚診断情報を提供し、コード品質の問題を特定します。コードには、ISO 評価アルゴリズムを使用して、複数のシンボル固有の品質パラメータの測定値に基づいて、全体的なグレードが割り当てられます。これらのパラメータは、バーコードリーダがコードを識別してデコードする能力に影響を与えるいくつかの要因を測定します。

注目のコグネックス製品

製品のサポートやトレーニングなどの詳細を見る

マイコグネックスに参加

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...