最先端のテクノロジ

ディープラーニングによる画像分析

マシンビジョンのためのAI

Deep-Learning-Based-Image-Analysis2

関連製品

VisionPro ViDi

複雑な検査、部品検出、分類、OCR の進歩

VisionPro マシンビジョンソフトウェア

読み取りが難しい二次元および三次元画像処理アプリケーションを素早くセットアップして実装できるようユーザーをサポートします。

産業界では、従来のマシンビジョンでは複雑すぎて時間とコストがかかる検査を実現するために、ディープラーニングの活用が進んでいます。Cognex ViDi は、ファクトリーオートメーションでの複雑なアプリケーションを解決するためにデザインされた初のディープラーニングベースのソフトウェアです。

製造のメリット

ディープラーニング技術は、人間の知能を模倣するニューラルネットワークを使用して、複雑なパターンの通常のばらつきを許容する一方、欠陥検出、部品検出、および文字認識をします。ディープラーニングは、従来のマシンビジョンを用いたアプローチに比べ、外観が似ている部品のばらつきや誤差の影響を受けにくくなっています。

ファクトリーオートメーション用に最適化されたディープラーニングベースのソフトウェアで出来ること:
  • ルールベースのアルゴリズムを用いて画像処理アプリケーションがプログラムできない問題を解決する
  • 複雑な背景や画質の悪い画像を処理する
  • 工場環境でアプリケーションを再トレーニングする
  • コアアルゴリズムを再プログラムせずに新しい参照例を採用する
  • 画像処理エキスパートでなくても使用できる

ファクトリーオートメーションにおいて、VisionPro ViDiなどのディープラーニングベースのソフトウェアは、判断が必要な部品位置決め、検査、分類、文字認識の課題を目視や従来のマシンビジョンソリューションより効率的に行えるようになっています。

簡単で高速なセットアップとオペレーション

手順に沿ったフィルタリングやルールベースのアルゴリズムで処理するマシンビジョンシステムとは異なり、ディープラーニングベースの画像分析ソフトウェアは、例えば人間のように、部品の既知の特長、欠陥、分類を示す一連のラベル付きトレーニングデータや画像から学習します。トレーニングを通して部品の通常および欠陥品外観をモデルするニューラルネットワークを築きます。ラインタイムでは、ソフトウェアが部品の位置決め、欠陥の抽出、部品の分類、さらには読みにくい文字の解読までの高速で確実かつ正確に実行します。

コグネックスのディープラーニングによる画像分析に関する詳細は、こちらから:

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ