最先端のテクノロジ

PowerGridテクノロジ搭載2DMax

テクスチャと形状を組み合わせたクラス最高の二次元コード読み取り

二次元 (2D) データマトリックスは、エンコードできるデータ量が多いため、追跡やトレース用途での人気が高まっています。ただし、データマトリックスの読み取りは、損傷のないファインダパターンやクロッキングパターンおよびコードの周りのクワイエットゾーンが正常であることを前提としています。これらの要素が損傷や、不鮮明な場合には、バーコードリーダは製品やパッケージ上の他のマーキングからシンボルを識別できず、読み取ることができません。

コグネックスでは、このような困難な読み取りもPowerGrid™ テクノロジにより実現しています。特許出願中のこの二次元コード読み取りアルゴリズムは、テクスチャデータと図形データの両方を組み合わせて、自動車、エレクトロニクス、化学薬品関連サプライチェーンおよび物流などの産業用途に最高の読み取り率を提供します。

DataManバーコードリーダガイドをダウンロード
製品デモを依頼する

低品質の二次元コードを高い信頼性で読み取る

従来の画像ベースのバーコードリーダは、形状ベースのアルゴリズムを使用して、ファインダパターンとクロッキングパターンを検出し、データマトリックスの正しいコード方向とモジュールサイズを判断しています。ピクセル輝度値の使用により、形状ベースのアルゴリズムは黒い前面のモジュールを白い背景から分離して、エンコードされたデータを「読み取り」ます。クワイエットゾーン、ファインダパターン、およびクロッキングパターンが無傷であれば、二次元コードリーダは、コードが低コントラスト、データ領域のラインが消失、あるいはデータ領域の一部が損傷していても、コードを識別して読み取ることができます。

最高の読み取り率の達成に関する技術ノート

欠損のあるクワイエットゾーン、ファインダパターンおよびクロッキングパターンのコードに取り組む

クワイエットゾーンが消失している場合やファインダパターン、クロッキングパターンが遮断されていたり、欠けている場合には、第二のテクスチャベースのアルゴリズムがコードの識別と読み取りに必要になります。PowerGridテクノロジを搭載した2DMax® は、形状ベースのパターンサーチと、テクスチャベースの分析(シーンを調べ、クラスター化されたデータモジュールから類似のテクスチャを見つけ出す)の両方を組み合わせています。モジュールが検出されると、モジュールのサイズとデータマトリックスのサイズを調べます。続いて、従来の2DMaxコード読み取りアルゴリズムがデータを読み取り、デコードします。

PowerGridホワイトペーパーのダウンロード

画期的な二次元マトリックスコードの読み取り率

PowerGridを使用した先進の二次元コード読み取りアルゴリズムは、データマトリックスコードに不可欠な要素が欠損または損傷している場合でも、二次元コードを正しく読み取ることができます。このテクノロジの使用により、読み取りが最も困難な劣化したコードに対して、現在の性能の期待値をはるかに上回る読み取り率や信頼性の向上が期待できます。

DataMan 画像ベースのバーコードリーダおよびその他のコグネックス製品の詳細は、こちらから:

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ