SDK Short banner

モバイルバーコードソフトウェア開発キット(SDK)
データ形式

業界標準データ形式のデコード

コグネックスのモバイルバーコード SDK には、Gs1、IUID、米国およびカナダの運転免許証 (AAMVA) など、多くの業界標準データ形式に対応する強力なデータまたは結果解析が含まれています。この解析で、バーコードデータ文字列を簡単に処理できる JSON またはキー/値ペアのデータ構造に変換し、開発者がバーコードデータ形式の分析や解析に時間を奪われずにアプリケーションの開発に専念できるようにします。1

対応データ形式

  • AAMVA
    AAMVA

    米国(およびカナダ)では、自動車管理局は、米国自動車管理者協会 (AAMVA) 標準を採用し、適合州でスキャンおよび処理できる標準化された PDF417 バーコードを運転免許証や身分証明書に使用しています。


  • HIBCC
    HIBCC

    医療業界通信協議会 (HIBCC) は、1983年に医療業界向けバーコード基準の提供を開始しました。その医療産業バーコード標準 (HIBC) は、FDAのUDI要件、Gs1のアプリケーションを含むように更新されました。


  • IUID
    IUID

    米国の防衛産業では、国防総省は、すべての防衛財産を適切なコードマーキングで更新する必要があるアイテムの一意の識別子 (IUID、または UID) プログラムを義務付けています。これらの新しい基準では、特定の価値を超えるすべての軍事資産にはデータマトリックスバーコードが使用され、資産追跡、在庫管理、さらには資産維持のためのオブジェクト (軍事規格MIL-STD-130) を一意に識別します。

  • Gs1
    Gs1

    GS1 およびその加盟団体は、何十年もの間、製品表示基準を推進してきました。製品コード、パレットラベル、出荷マニフェスト、医療機器のラベル付けから、Gs1 の GTIN (国際取引商品番号) 規格は、最も広く使用されているバーコードデータ規格の1つです。


  • ISBT 128
    ISBT 128

    血液関係製品の自動化・共有化の国際協議会 (ICCBBA) は、血液、血漿、ドナー臓器を含むヒト起源の医療製品の用語、コーディング、および表示の標準である ISBT 128 を維持する非政府組織です。


  • SCM
    SCM

    1990年代初めから、ユーピーエス (UPS) やその他の荷物配送サービスは、MaxiCode バーコードを事実上すべてのパッケージと出荷に使用してきました。その独特の「中心円」位置パターンと1インチの正方形 MaxiCode バーコードは、ANSI 標準データレコード (構造化運送メッセージ (SCM)) が含まれています。SCM のデータは、重要となる荷送人およびパッケージ情報であり、米国国内および国際配送の両方に使用されます。

1 一部のプラットフォームでは、解析が行えない場合があります。

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ
Loading...