DataMan 470 Series Fixed-Mount Barcode Reader

DataMan 470 の革新的なテクノロジにより、幅広い読み取り範囲と最高の高速処理、使いやすさを実現します。

高度な画像形成

HDR(ハイダイナミックレンジ) 画像処理では、従来のセンサより 16 倍以上も詳細な最新の CMOS 画像センサ技術を使用しています。HDR は、利用可能な追加画像データを活用して、幅広く品質とコントラストを強化します。

HDR+ は、局所のコントラストを自動的に変化させることで HDR テクノロジを強化する高度なアルゴリズムです。これにより、1 回の取り込みで画像がより均一になるため、被写界深度の拡大、ラインの高速化、読み取りが難しいコードの処理能力の強化が実現します。

Hotbars 搭載 1DMax

Hotbars

Hotbars® 搭載 1DMax® は、全方向バーコード読み取り用に最適化したアルゴリズムおよびテクノロジであり、従来のバーコードリーダの最大10倍のスピードでデコードします。

PowerGrid搭載2DMax

2DMax

PowerGrid®搭載2DMax® は、著しく損傷した二次元コードや、コードのファインダパターンやクロックパターンまたはクワイエットゾーンが完全に損失した二次元コードを読み取るために設計された画期的な二次元コードデコードアルゴリズムおよびテクノロジです。

高解像度センサ

High Resolution Sensor

DataMan 470 の高解像度センサは、他のリーダに比べ、視野および被写界深度を広げることができます。密度の高い二次元 DPM コードを含む大小のコードを角度に関わらず読み取ります。

リキッドレンズテクノロジ

Liquid Lens

DataMan 470 は リキッドレンズ(オートフォーカス)テクノロジを採用し、広い被写界深度で作業距離の変化に対応します。従来のズームレンズと異なり、リキッドレンズには摩耗や故障の生じる可動部品がありません。

複数台リーダの同期

Multi-Reader Sync

複数台のDataMan 470を同期し、より広い視野での読み取りや、多面読み取りを実現することが可能です。親リーダが子リーダからのデータを収集し、制御システムに対し全体の結果として通信します。

性能フィードバック

Performance Feedback

Cognex Explorer Real Time Monitoring (RTM) テクノロジは、DataMan セットアップツール上で操作性の高いダッシュボードで実用的な情報を提供し、バーコード読み取りに関する課題の診断および解決をサポートします。RTM はバーコードの画像収集と品質確認を行い、施設全体で重要なプロセスコントロールメトリクスを提供します。

注目のコグネックス製品

サポート、トレーニングなどにまとめてアクセス

MYCOGNEXに登録する

お気軽にお問合せください

Cognex は世界中でお客様のビジョンと工業用バーコドリーダのあらゆるニーズをサポートしています。

お問合わせ